« nslookupでIPv6アドレスを引く | トップページ | JavaMailのdebug情報を出力させる »

2011年11月 2日 (水)

rpm –e httpd したときに依存しているモジュールがありエラーとなる件

RedHat系のサーバでrpmで入っているhttpdを削除したいのだが

# rpm -e --test httpd
エラー: 依存性の欠如:
        httpd-mmn = 20051115 は (インストール済み)php-5.1.6-23.el5.x86_64 に必要とされています

という感じで依存チェックに引っかかり削除出来ないのはなぜだろうと調べた

で、

rpm –qi httpd-mmn

としてもそんな物はインストールされていないと出る。

うーむ・・・と調べていると

Module Magic Number (MMN)
Apache ソースコードで定義されている、モジュールのバイナリ互換性に 関する定数。バイナリ互換性が保てなくなるような Apache 内部の構造体や、 関数呼び出し、その他の API の重要な部分の変更があったときに変更されます。 MMN が変わると、すべてのサードパーティモジュールは少なくとも再コンパイルを する必要があり、場合によっては新しいバージョンの Apache で動作するために 少し変更する必要さえあるかもしれません。

これっぽい!

/usr/sbin/httpd –V

で調べると

Server's Module Magic Number: 20051115:3

確かに・・・。

ということはphpのモジュールmod_phpとか?がこのバージョンのhttpdに依存しているとかそういう事だろうなぁ。と思い

rpm -ql php

/etc/httpd/conf.d/php.conf
/usr/lib64/httpd/modules/libphp5.so
/var/lib/php/session
/var/www/icons/php.gif

なんと。phpとまったく関係ないじゃねーか(今回の件は)

というわけで「rpm –e php」しました(phpの実体はphp-cliというパッケージにあった・・・)

« nslookupでIPv6アドレスを引く | トップページ | JavaMailのdebug情報を出力させる »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» CentOS7にApache2.4とPHP5.6をインストールしようとしたらhttpd-mmnの違いでエラーが出る [increment Log]
CentOS7にApache2.4とPHP5.6を入れようとしたら物凄く躓きました。httpd-mmnの違いで、インストール時の依存性解決時にエラーが起きました。 [続きを読む]

« nslookupでIPv6アドレスを引く | トップページ | JavaMailのdebug情報を出力させる »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31